ホーム>建築実例>木育の家

建築実例

木育の家

注文住宅

H様邸

木造3階建て / 延床面積:242.75㎡

  • 最新の木質構造素材であるCLTを、その最大のメリットである構造的な強さとしてだけではなく、木が人体に与える効果を最大限に引き出せるように内壁の構造として被覆も塗装もすることなく活用しました。
  • 家と人体との接点がもっとも多くなる床全面に厚さ3cmもある国産杉のムク材フローリング「ぬくもり杉床」を用い、さらに木の効果を十分に享受できるよう無塗装にこだわりました。
  • 木以外の部分の壁、天井には自然素材「ぬくもり塗壁」を使用。木質空間と調和し、木の効果を100%引き出す相乗効果により快適な空間づくりを実現しました。
  • 工場からのリサイクル材を活用し釘を使わずに制作した遊具と家具を並べた子供の遊び場と勉強部屋。自律分散型の社会を築いていくためにブレットシュタッペルという技術を用い豊かな木育空間を作りました。
  • 全体で97㎡近くの木材使用量の約71%にあたる69㎡もの国産木材を使用しました。(通常の住宅の木材使用量は約54㎥。国産材使用量は約30%〜40%。国産材使用量は約16〜20㎡<当社同等坪数の軸組工法住宅との比較>)

お客様の声

あたたかくて、やさしくて、体に優しい住まいです。

新しい家に住みはじめて、1年半が経ちました。建て替える前の家も木造だったんですが、木の種類が違うと、ぜんぜん住み心地が違いますね。あたたかくて、やわらかくて、体に優しい感じがします。
この間、一緒に住んでいる妹の子どもが、行きつけの美容室の美容師さんに「髪の毛から木の香りがするね」って言われたんです。私たちは毎日住んでいるから、気付かなかったんですけど…。確かに、髪の毛に香りがついているだけではなくて、なんとなく、しっとりしている気もするんです。木の家で毎日の暮らしを送っていると、髪の毛以外にも、木の良い影響を受けているのかもしれませんね。